上手な手マンテクニック 〜SEXテクニック 初級編〜

上手なセックスがしたいアナタへ〜手マンについて〜

手マンの魅力とは

セックスのやり方の中でも、手マンで潮吹きさせているシーンって、すごいですよね。

 

AV動画を観ていると、よく出てきますが、自分でそれができるかとなると、苦手な人や未経験の人が多いのではないでしょうか。

 

ぱっと見、無造作に力任せに指を出し入れしているようにも見えてしまう手マン。

 

でもセックスがしたいからと言ってそんな乱雑なプレイだと、女性は痛がってしまい、感じるどころの話ではなくなってしまいます。

 

それでは、どの部分をどんなふうに手マンすればいいのか、じっくり確認してみることにしましょう。

 

手マンでどこを責める?

手マンでどこ責めたらいいのか、ご存知ですか?

 

ポイントを外していると、いつまで膣に指を出し入れしても、女性は感じてくれませんよ。手マンでは、膣の中の性感帯である『Gスポット』を責めるようにしてください。

 

Gスポットは、膣の中の入り口すぐ上の部分にあります。それから指を伸ばして挿入した上の壁、そしてその下側です。クリイキなどで、女性の快感が盛り上がってくると、子宮が膣のほうへ下がってきます。

 

このとき、奥にあるGスポットの上部、すなわちポルチオ性感帯と呼ばれる突起のような部分が、指で触れる位置まで降りてくるのです。

 

ここを外さずに刺激することを、セックスのやり方としてベストだと信じ、実践してください。

 

手マンをする前にツメの処理を必ず!

手マンをしようと行為に入ったとき、女性が一度でも痛がったら、そこでストップしてください。

 

その萎え方をさせてしまうと、女性の気分がなかなか元に戻ってくれません。女性はあなたの何に痛がったと思いますか?

 

そうです、指先に付いているツメです。あなたはのツメは、じゅうぶんにカットされていますか?また、カットしたままになってませんか?

 

ツメ先にヤスリを当てて、しっかりと尖りを無くし、丸みを付けなければ、膣には絶対挿入してはいけないのです。

 

これが手マンをするときの、最低限の準備といえます。

 

具体的な手マンのやり方

それでは、手マンのやり方です。乾きにくいセックス用のローションを用意してください。

 

無い場合は、自分のヨダレか女性の愛液でもかまいませんが、乾燥しないように心がけてくださいね。ローションを手にしたら、じゅうぶんに指先に付けてください。

 

そして膣に挿入し、入り口の上部を指の腹でさするように愛撫するのです。女性が慣れてきたら、指の数を増やしてみましょう。

 

2本の状態で、第二関節の辺りから曲げて、上の壁を押します。そのままの姿勢で指先の位置を固定し、前後を動きで壁を持ち上げるように刺激してください。

 

これで女性はイッてしまいます。

 

奥の上部と入り口の上部を行ったり来たりする動きを加えれば、女性はイクだけでなく、潮吹きまで見せてくれるかもしれませんよ。