セックスしたいアナタヘ 〜バックでの挿入テク〜

バックから女性を責める!

女性をバックから挿し貫いたことはありますか?その体位に興奮する人は多いんですよ。まるで犯しているような、犯されているような感覚になってしまいます。

 

この倒錯感こそ、バックという体位の隠れた魅力なのかもしれませんね。ここではSEXにおけるバックからの挿入の仕方について解説します。

 

バックは女性にとって刺激的!

女性とSEXをしていて、「お願いよぉ、バックから突いてぇ〜っ!」とせがまれたことがあります。

 

せっかく正常位で、いい感じに腰を振っていたのに、わざわざ中断してバックから突き直したとき、女性は叫び声を上げていましたね。

 

それほど別の感情を湧き立たせるような効力を、バックは持っているのでしょう。

 

この体位は、お互いの顔を見ることができませんから、どんなヘンな顔をして感じまくっても気兼ねが要りません。

 

また、女性のほうは四つんばいのポーズを取ることになります。普段は絶対しない、土下座と同じポーズですから、虐げられた感覚でMっ気が爆発するのかもしれませんね。

 

「立ちバックで突いてぇっ!」とか言われたこともあります。本能のままセックスをすると、そういう体位になるのでしょうか。

 

ものすごくお互いに感じた記憶が残っていますよ。

 

実際のSEXでバックの効果を確かめてみた

大学生の理奈ちゃんと付き合っていたときも、よくバックで責めまくりました。

 

「そこのテーブルに両手をついてみてよ。」
「こう・・ですか?」
「うん。じゃあ、脱がしちゃうよ。」

 

テーブルに手をつくことで、前かがみの姿勢になった彼女。突き出したお尻に履いていたショーツが、まさか剥ぎ取られるとは思っていなかったのでしょう。

 

「きゃあっ、いやっ、やめてぇぇぇ〜っ!」
「ダメダメ、やめないよ。」

 

「恥ずかしいから、見ないで、」
「ううん、見るよ。どんなふうにオマンコが変形して、愛液をいっぱい噴き出すのか見てあげる。」
「うああああっ、いやいや、ダメよおおぉ〜っ、」

 

これで女性の表情が見えたら、もっとお互いに興奮するのですが、そこのところがギリギリ満たされないムズがゆい部分。

 

でも、このムズがゆさがあるからこそ、興奮が持続していくのでしょう。

 

お互いの顔が見づらいバック

確かにバックは、顔が見づらいのですが、なんとか見ることが可能な体位に移行することが可能です。それが、立ちバック。

 

女性の背後から抱き付いて挿入し、上に向かって突き上げるようなピストンをすると、女性のほうから背中を寄せてきます。

 

胸にもクリトリスにも指が届くので、立ちバック挿入をしながら、色々な部分を同時責めすることができるでしょう。

 

そうなると快感は連続して女性を襲い続けますから、エロさに溺れてしまい崩壊してしまうかもしれませんね。

 

悶え喘ぐ女性を見たければ、立ちバックで責め立てることをテクニックに加えるようにしてください。

 

バックでアナルを責めてみる

大学生の理奈ちゃん、立ちバックでも責められてしまい、肩で息をしています。テーブルの上に上半身を突っ伏していますね。

 

この姿勢から、もう一段階感じさせるバックの責め方があります。それが、アナル挿入・アナル責めです。

 

通常のバックは、膣に挿入して濡れっぷりを体感しながら腰を振ります。特に挿入の仕方に、これ以上のアクションは存在しないのですが、それがアナルとなると違ってきますよ。

 

アナルは女性が拒否する確率が高いです。拒否されたら、それ以上は進まないようにしてください。

 

でも中には、新しい刺激を求めて、アナル責めを断らない女性もいます。

 

「え、アナルを?」
「うん。ゆっくり痛くないようにするからさ。やってみない?バック好きなんでしょ?」

 

「・・・うん、バックで突かれるの、好き。」
「めちゃめちゃ乱れてたもんね。」

 

「そう。自分じゃなくなっちゃったみたいになった・・」
「その感覚が、アナルでも味わえるかもよ。」

 

どうやら理奈ちゃん、興味津々のようですよ。

 

アナルの責め方

彼女の背後に回りこみ、お尻の前に顔を持ってきます。左右のお肉をわしづかみにして、ゆっくりと押し開いていきます。

 

目の前に、ピンク色のアナルが丸見えになりました。そこに息を吹きかけます。上半身をびくっ!とのけ反らせる彼女、超敏感になっているようですね。

 

「舐めるよ。」
「ええっ!?そんなこと、汚い・・」
「ん、汚いの?いつも理奈ちゃんは拭かないの?」

 

一気に羞恥心がピークに。これで気持ちに火が着きます。

 

「そんなことないっ、キレイにしてるもんっ」

 

その瞬間、ぺろんと舐めてあげてください。一瞬でイッてしまう女性もいますよ。そして濡れたアナルを指で突いてほぐしていきます。

 

勃起したペニスなら、しっかりゆっくり突いていけば、亀頭が直腸に達するのはすぐでしょう。

 

激しくピストンするのは、初めてのときはやめてあげてください。2度目のときに、中で射精できるくらい激しくピストンしてみるのがオススメです。

 

また、汚いと感じる人は、事前に女性に浣腸してもらっておくとか、コンドームやローションの利用を心がけたほうがいいでしょう。