性欲の構造について

性欲の構造について記事一覧

ロマンスにおいて、奥深い要因になることに対して躊躇する第三者、こういう目的を取ることを恥ずかしいとおもう第三者も少なくありません。お互いにおんなじタイミングで濃い要因になるのであればそれほど恥ずかしい思いをすることもありませんが、だいたいはどちらか先方が性的欲求を激しく感じてしまい、相手にそのことを授け難いというケースになります。 確かに、性的欲求を恋人に対して持つことを恥ずかしく察する第三者は多...

生き物である以上、いのちと性を完全に分けて申し上げる事はできません。昨今、世界中には様々な生物が生息してある。殊に生き物(魚類、両生類、爬虫類、生き物、鳥類など)と呼ばれる、割り方高度に進化した動物は、生まれながらにして雄と牝に分かれていることが殆どです。中には別物があり、予め牝として生まれてきたにも関わらず、その動物の社会的風土によって雄に変異講じる動物も存在します。ではなぜおんなじ動物であるの...

世界では古くよりさまざまな宗教が生まれてあり、そこでは因習とわたる思想が息づいてある。 そしてこんな宗教において一心に注目されるのが愛欲を持つことが禁止されておるという点だ。 実際、宗教に置いて愛欲を自制講じるべしという思想を有するものは珍しいものではありません。 例えばカトリックのキリスト教では司祭の婚礼が今でも基本禁止されていますし、津々浦々仏教も明治政府によってメカニズムが改められるまではお...

人のボディはホルモン兼ね合いに大きく影響しています。それは肉欲とも関係していると言われており、とくに男性はレディースよりも凄いとされています。反対に女性は肉欲が情けない人のほうが手広く、からきし肉欲が薄いという個々もいる。 しかし、女性にも肉欲を受けとる年月があり、それが月経前やメンス消息筋が多いと言われています。レディースの例、ホルモン兼ね合いが崩れるのが最高峰顕著になるのがメンス巡回で、これは...

衝撃の事実ですが、脳科学の世界では、男性は夫人のように愛することができないという原理が脳科学の大レベルな検討によってわかってきました。例えば夫人の例、旦那に対する愛情は、赤ん坊に対する愛情とおんなじ部位が活発に動くのに対して、男性は夫人に対してそういう部位には準備が見られませんでした。その代わり、男性は、自分を好きになると淫欲が行ない、攻撃的になり、相手方をねじ伏せて自前にしようとやる部位がはたら...

愛欲とは人間の中にある本能のひとつであり、三大願望の1つとされています。こういう愛欲があることによって性行為への気持ちが伸びるとされており、結果としては子孫繁栄への願望へと繋がっていることから生物の願望の取り分け殊に重要な物とされています。そのため男性にも女性にもある願望だとされているのですが、実は愛欲を憶える時期や機能に関しては男女によって違いがあるとされており、それによってなかなか性行為がうま...